ママの“働く”選択肢を広げる「ママ向けWebグロースハッカー養成講座」、個性豊かなママが揃った第3期始動!

2017年10月06日
子育て中ママの、場所や時間に縛られない働き方をサポートするため、株式会社リクルートジョブズ、デジタルハリウッドSTUDIO福岡(以下、デジハリSTUDIO福岡)、株式会社Kaizen Platformの3社が2015年5月に立ち上げた「グロースハックfor Women プロジェクト」。その一環として、2015年より開講されている「ママ向けWebグロースハッカー養成講座」は、未経験ママをゼロからグロースハッカーへと育成、今では多くの卒業生が活躍中だ。2017年9月13日(水)には、本講座の第3期が始動。狭き門をくぐり抜けて受講資格を得た15名のママたちが、これからどんな成長を見せていくのか。まずは、講座初日の様子をお伝えする。

講座初日の様子

朝10時半、デジハリSTUDIO福岡に集まった12名のママたち。初日ということで、少し緊張した面持ちだ。この後、11か月間の講座を通して、ママたちは公私ともにお互いを支え合う、強力なパートナーシップを築いていく。

例年と異なるのは、ここに岩手県大槌町のママも3名参加していること。今年度から、東日本大震災の復興支援の一環として、Web会議サービスを通じて講座が無償提供されることになった。どこであっても都市部と同等の学習機会を提供することは、本プロジェクトにとっても重要なチャレンジだ。

Web会議サービスを通じて参加する岩手会場のママたち

プロジェクトに賛同した、株式会社ブイキューブがWeb会議サービスを提供。岩手会場とデジハリSTUDIO福岡をリアルタイムで結ぶ

まずは、デジハリSTUDIO福岡の高橋政俊校長が開講の挨拶。受講にあたっての、3つの心得を伝えた。
「やればできると信じること。先生の話をよく聞くこと。そして、諦めずやり続けること。この3つを常に意識して、11か月間、学ばれてください。受講を応援してくれているご家族のためにも、一緒に頑張っていきましょう」

また、リクルートジョブズの杉原理恵、Kaizen Platformの今里慎作氏からも、激励の言葉があった。
「調理の専門学校で技術を身につけたからといって、すぐにレストランを開業できるわけではないように、この講座はWebの仕事を作っていく初めの一歩です。私たちは、講座や案件の提供を通じて、皆さんがWebの仕事を成立させるまでをサポートしていきますので、ともに頑張りましょう」(杉原)

ママたちに激励の言葉を贈るリクルートジョブズの杉原

自身も2社の就業経験ののち、フリーランスとして活動、現在は会社員とフリーランスの二足のわらじを履く杉原

「1期生も2期生も、悩みながらも成長して、今では立派に活躍しています。今年3月のグロースハックアワードでも、ママたちの姿がキラリと輝いていました。皆さんも、いつかあの場所に立っていただけたら、素晴らしいと思います」(今里氏)

さっそくの課題は自己紹介! ママ同士の距離がぐっと縮まる初日のワークショップ

入学オリエンテーションの後は、自己紹介ワークショップ。3人1組でお互いをインタビューし、相手のキャッチコピーを考えて他己紹介をした後、自分自身の目標も発表するというもの。互いを知るだけではなく、相手の良さを端的に表現にする、グロースハックの初めの一歩としてぴったりのワークだ。

今期も多様な経歴を持つママが集まった。営業職に、ママコミュニティでのワークショップ企画、3人の子どもを育てる専業主婦。中には、働きながら独学で習得したWeb関連のスキルアップと仲間作りを目指す作業療法士や、一度ECサイトの立ち上げに失敗してWebマーケティングの大切さを痛感したネイルサロン経営者など、受講目的が非常にはっきりした受講生も見られた。

自己紹介ワークショップの様子

この辺りから場の雰囲気も和み、笑顔が多く見られるようになってきた

結果、「グローバルなプリティ美魔女」「天使の野心家」「企業も育てるプロのママ。いいとこ見つけて伸ばします!」など、ユニークなキャッチコピーが次々と披露され、笑い声も聞こえる賑やかな時間となった。

また自身の目標を発表する際も、「一生ワクワクするための技術を身につける」「子どもに尊敬されるお母さんになる」など、それぞれの講座にかける思いと意気込みが垣間見えた。

発表の様子

人となりを端的に表現するコピーワーク。グロースハックでも要求されることの多いスキルだ

最後に受講ルールや教室の使い方等の説明があり、オリエンテーションは終了。ほっとした様子のママに、本講座受講の背景を聞いてみた。

2度目のチャレンジでついに合格! 目指すは月収20万円

2度目のチャレンジで合格したママにインタビュー

「学歴にも職歴にも自信がないし、子どももいるから時間も限られる。そんな自分でも、やりたいことを仕事にして頑張れると証明したいんです」。しっかりとした言葉で目標を語った古藤さんは、6歳の息子と3歳の娘を育てるママ。

長崎県の出身。高校卒業後に上京し、アパレル販売の仕事に真剣に取り組んでいたが、体調を崩して退職し、帰郷。失意の時期もあったが、そんな時に彼女を支えたのは意外にもパソコンだった。
「父親が大のパソコン好きで、私も小学生の頃からインターネットで調べつつ、お下がりのパソコンを分解したり修理したりして遊んでいました。中学時代にはWebサイトも作りましたが、それは、ただの趣味。仕事に結びつくなんて、思ってもいませんでした」

次こそは自分が熱中できることを仕事にしたいと、Web制作を学ぶことを決めた古藤さん。地元・長崎にある求人は大半が接客と介護であることから、昨年1月に心機一転、福岡に移住。職業訓練校で学ぶもすぐに物足りなさを感じ、さらなるスキルアップを求めて、昨年も本講座に応募したが結果は落選。諦めずに今年も再チャレンジして、見事合格を勝ち取った。そんな古藤さんが、グロースハッカーに感じる魅力とは――。
「結果が数値として見えることですね。不採用ならば全く報酬にならない厳しい環境で結果を出せたら、ものすごい喜びを感じられるはず。安定してはいるけど稼ぎも一定という仕事より、私はもっと自分の可能性を試してみたい。これから始まることに、とてもワクワクしています」

まずは月収20万円を目指すという古藤さん。彼女が本講座を通じてどのように可能性を広げていくのか、楽しみだ。

集合写真

福岡と岩手をつないで決意表明の集合写真。これから11か月にわたり、個性豊かなママたちの進化をとらばーゆでも追いかけていく