未経験から転職! フリーターからコスメショップの店長へ

2013年11月28日

ブランドイメージそのままのやさしい社風の中で
プロとしてのスキルを身に付け、店長になる夢もかなえました

株式会社ちふれ化粧品
浅野彩弥乃さん(22歳)

販売・ショップスタッフ(コスメ・化粧品)の求人を見る

株式会社ちふれ化粧品 浅野彩弥乃さん

Profile:高校卒業後は、学生時代からアルバイトをしていた飲食店3軒で引き続き働くフリーター生活。20歳を迎えたことを機に将来を考え、社員としての転職を決心する。女性の役に立ち、自分自身もスキルが身に付く仕事を条件に転職活動し、2011年5月に現社に入社。アルバイトから始め、12年10月に契約社員登用と同時にチーフ(店長)に昇格。13年8月から現店。

20歳になって、自分の将来を考えた
ちふれ化粧品に転職する前は、飲食店のアルバイトを3つかけ持ちして働いていました。朝から夕方までファストフード店でレジをして、夕方からはパン屋さんかおにぎり屋さん。一日中同じ仕事を続ける集中力がなかったので、かけ持ちが性に合っていると思っていたんです。高校卒業後の2年間はそんな毎日。人と接することが好きなので働くなら接客業と決めていましたが、まだ若かったこともあって先のことは考えていませんでした。

でも、20歳を過ぎるころから「このままでいいのかな」と思い始めて。自分自身のスキルアップにつながって、女性のためになる商品やサービスを扱う仕事をしたいと考えるようになったんです。エステサロンやランジェリーショップなどいろいろな求人を見る中で、「これ」と思ったのが『ちふれ化粧品』でした。ブランドのやさしいイメージが好きで、商品は私にも手が届く価格のものばかり。ときどき使って気に入っていたメーカーです。ビューティーアドバイザーの募集を見つけて、ここでなら楽しく長く働けそうだと感じて応募を決めました。

なりたい自分に近づいている実感
入社すると2日間(現在は3日間)の研修があり、商品知識や皮膚理論、接客やメイクなどを学んで店に配属されます。最初はカウンターに立つのも怖くて、お客さまへのタッチアップで手が震えたことも。チーフ(店長)の接客を後ろで見て、次に自分でやってみてアドバイスをもらい、スキルを一つずつ身に付けていきました。当時のチーフは、彼女がいなければ今の私はないといえるくらい偉大な存在。いつか私もそんなチーフになりたいと、具体的な目標もできました。そうしたら、入社2年目に昇格がかなったんです。会社から言われた時は「私で大丈夫かな」と一瞬不安に思いましたが、チャンスをいただけるならやってみようと。思い切って挑戦しました。

最初に担当したのはアトレヴィ三鷹店。10カ月後に今の店に異動しました。どちらの店もスタッフはみんな年上で、ちふれ歴が私より長い人もいますが、みんな穏やかでやさしい人ばかり。私は支えてもらってチーフの務めを果たせています。私の役目は、みんなが何でも言えて伸び伸び働ける環境をつくること。ディスプレイを変えるのもスタッフの意見を聞いて、お客さまの反応を見ながらまた一緒に売り場を修正して。今の店は売り上げ規模が大きく、商品の回転が速いので、スピーディーにいろいろ試せるのが楽しいです。フリーター時代は、一日中同じ店で働く集中力がなかったのに、今は1日があっという間。「今日は仕事に行きたくないな」とよく思っていたことも、今は一度もありません。仕事ってこんなに面白いんだと、転職して気がつきました(笑)。

●ある日の流れ
9:30 出勤(早番の日)。前日の売り上げをチェックし、レジの準備。店内を清掃。
9:45 百貨店のフロア全体での朝礼に参加。
10:00 開店
11:00 常連のお客さまが来店。この秋のアイカラーでメイクを試し、新色をお買い上げに。「自分では選ばない色。使うのが楽しみ」と言っていただく。
12:00 ランチ休憩(1時間)
14:00 スタッフの接客にアドバイス。否定的な表現は避け、「こうしたほうがもっとよくなると思います」と前向きな伝え方を心がけている。
16:30 休憩(30分)
18:00 勤務終了

●転職before / after
・雇用形態……アルバイト → 契約社員
・給与(月収)……一人暮らしは難しい額 → 一人暮らしできる程度
・勤務時間……9:00~22:00 → 9:30~20:00(実働8時間・シフトは店舗によって異なる)
・休み……月4日程度(不定期) → 完全週休2日制
・休日の過ごし方……友人と遊ぶ → 友人と遊ぶ。家でゆっくりする時間も持てるように。

●転職して変わったこと
私は暇が嫌いで、以前は時間があればアルバイトを入れて休みがほとんどない生活。今は生活のリズムが安定して、旅行も楽しめるようになりました。最近行ったのは軽井沢。都会から離れてリフレッシュしました!(浅野さん)。

●編集部より
入社2年目、22歳でのチーフ昇格は、ちふれ化粧品の中でも異例の抜擢なのだとか。しかし浅野さんに気負いはなく、謙虚に、自分が今できることに自信を持って店長の仕事を楽しんでいる様子が伝わってきました。できないことを並べて不安に思うのではなく、できることにベストを尽くす。そんな自然体の強さが印象的でした(編集部)。

販売・ショップスタッフ(コスメ・化粧品)の求人を見る

取材・文/大崎直美 撮影/平山 諭