未経験から転職! 医療事務から列車のアテンダントへ

【未経験から転身!】医療事務から列車のアテンダントへ

医療事務から列車のアテンダントへ

株式会社日本レストランエンタプライズ  

山中杏子さん(26歳)

通勤や観光のお客さま、
それぞれに心地よいサービスをつくり出す。
自分のアイデアが活かせる仕事です

高校時代から憧れていた職種

グリーンアテンダントは、JR東日本の普通列車のグリーン車内で、改札や車内販売などを行う仕事です。転職して5年。これまでで一番長い仕事になりました。実は高校時代から憧れていたのですが、当時は求人がなく、卒業後はバスガイドに。でもバス酔いに悩まされ、半年で退職しました。次は事務職にしようと、小児病院の医療事務に転職しましたが、病気と闘う子どもたちを見るのが辛くて1年で退職…。この経験で、やはり私はお客さまの笑顔が見られる接客が好きだと再確認したんです。グリーンアテンダントの募集を見つけたのは、そんなときでした。

次は接客を楽しみたい。でも、私にできるだろうか。1カ月の研修を終え、ドキドキして初日を迎えたら、何とその日、近くの私鉄で事故があり、振替輸送のお客さまで車内が大混雑。改札も回りきれず、何とか乗務を終えた後に泣きました、初日から(笑)。その後も、列車の遅延などでお客さまの苦情を受けるたびに落ち込んで、先輩に「辞めたい」と。そうもらしたら、「辞めるのは、自分の仕事に満足できたとき。それが一番だよ」と。その言葉にハッとしたんです。バスガイドも医療事務も、やり遂げたとは言えない。今度は納得いくまで続けようと。それに先輩たちも同じ体験をしているので、「わかるよ」と励ましてくれるんです。だから今日まで来られたのだと思います。

工夫次第で車内販売の売り上げがアップ

この仕事は奥が深くて、どんどん面白くなる。続けたからこそわかったことが、たくさんあります。通勤でよく利用するお客さまが「山中さん、いつもありがとう」と名前で呼んでくださったり、観光帰りのお客さまから旅の思い出話を聞いたり。そんなお客さまとのやりとりもうれしいですし、車内販売の工夫を考えるのも楽しいです。朝はコーヒーとパン、夜はビールとおつまみ、週末はお土産品を中心に。「クッキーは○個入って○円です」と、お土産選びでは興味を持っていただけるような情報もセールストークに入れて、お客さまが声をかけやすいよう歩く速さを調節して。そうして売り上げが伸びると、やりがいを感じます。

最初のころは改札と車内販売で精一杯でしたが、今は少し余裕ができて、いろいろなことに目が向くようになってきました。グリーン車のお客さまに快適な時間を過ごしていただくことが、グリーンアテンダントの役目。そう考えると、例えば小さなゴミも気になって、やることが本当にたくさんあって忙しい。それが楽しいんです。お客さまだけでなく、後輩たちが働きやすい雰囲気をつくることも、大事にしていることの一つ。私も先輩に本当に助けられたので、何でも相談してもらえるような存在でいたいと思います。いつも胸にあるのは、先輩の「辞めるのは自分が満足したとき」という言葉。後輩にも、そのまま真似して使っているんです(笑)。

転職 before/after

●雇用形態

パート

契約社員

●給与(年収)

一人暮らしできる程度

一人暮らしできて、趣味や旅行も楽しめる程度

●勤務時間

8:15〜17:15

1カ月単位の変形労働時間制(実働7時間40分)

●休み

完全週休二日制(土日)

年間103日(月9日程度)

●休日の過ごし方

友人と食事、自宅でゆっくり

友人と食事、旅行

転職して変わったこと

photo

職場は旅行好きな人が多く、私もよく旅行に行くように。泊まり勤務明けの2連休に有給休暇をつけると、まとまった休みが取れるんです。普段もよく近場に遊びに行くようになってアクティブになりました。(山中さん)

メインphoto

profile● 高校卒業後、姉がバスガイドをしていた影響でバスガイドとして就職するが、体調を崩して半年で退職。1年ほどフリーター生活を続けた後、小児病院でカルテの整理などを担当する病棟クラークを1年経験。接客の仕事から一度離れたことで、「接客が好き」という気持ちを再確認し、転職を決心。2009年1月に現社に入社。

ある1日の流れ

9:30出勤、乗務準備
photo

身だしなみをチェックし、乗車前点呼。その日乗務する列車4〜6本の行路を読み上げて確認する。次に菓子パンなどの車内販売商品をキャリーバッグにセット。曜日や時間帯、気温などを考え、品揃えを工夫する。

10:00乗車

お客さまのグリーン券を確認し、車内販売を行う。グリーン車は2階建て車両のため、カートではなく専用のバスケットを使用。

12:00降車、ランチ

乗務の合間に、沿線の駅構内にあるグリーンアテンダントセンターで昼食。

13:00乗車

乗り換えや運行状況などの質問にもすぐに答えられるよう、近隣の私鉄も含め、遅延などがないか常に交通情報を確認する。

17:45降車

車内販売の売り上げを確認して納金。乗務中の出来事などを報告し、次回の出勤時間を確認。

18:20勤務終了

接客に限らず、どんな仕事にも苦楽の両面があるもの。転職後に「こんなはずでは」と思うこともあるかもしれません。そこで挫けずに、もう少し頑張ってみる。そうすることで「続けたからこそのやりがいが見えた」と話す山中さんの笑顔は、とても力強いものでした。あきらめない気持ち、大切ですね!(編集部)

販売・サービススタッフの求人を見る

取材・文/大崎直美 撮影/刑部友康 デザイン/市川瞳

女性の求人・転職:とらばーゆ