株式会社ローソンが求める人とは?

2014年03月20日

人を動かすコミュニケーション能力と、リーダーを目指す上昇志向のある人

株式会社ローソン 理事執行役員 ヒューマンリソースステーション ディレクター補佐 ダイバーシティ推進担当 大隅聖子さん

株式会社ローソン
理事執行役員
ヒューマンリソースステーション ディレクター補佐
ダイバーシティ推進担当
大隅聖子さん

スイーツの大ヒットシリーズ『ウチカフェスイーツ』や、全国に展開する自社農場『ローソンファーム』で生産した青果物を販売するなど、コンビニの常識を次々と楽しく覆す取り組みを続けるローソン。実は2005年から女性採用を強化し、女性のパワーを企業の力に変えて成長を続けています。

マチを幸せにするサービスには、女性視点が不可欠
―― 2005年から定期採用の女性比率を5割に設定するなど、女性採用に力を入れておられます。その背景について教えてください。

ローソンが求められる役割が進化し、サービスに女性の視点が不可欠になってきたことが背景にあります。

ローソンは『私たちは“みんなと暮らすマチ”を幸せにします』という理念を掲げ、どうすればマチを幸せにできるかを社員全員が真剣に考え続けています。公共料金が払える、銀行のATMがあるなどの便利さに加えて、最近では自社農場『ローソンファーム』の野菜や一部店舗では医薬品(※)も扱うようになりました。※一般医薬品(第2類・第3類)

つまり、地域の生活により密着したローソンが求められているということ。生活をよく知るのは女性ですし、マチに暮らす人も半数は女性。サービスや商品に、女性の豊かで適切な発想が不可欠になってきているのです。

ちなみに、今では定期採用の約55%が女性ですが、2005年当時、社員の男性比率が高い中での「女性5割」は、実はかなり思い切った目標でした。経営トップの強い意思があってのこと。大胆に舵を切るのがローソンのやり方なのです。

―― 女性の発想を活かしたサービスや商品には、どのようなものがありますか。

代表的なものに、『スマートキッチン』という食品の定期宅配サービスがあります。キャッチフレーズは「忙しいママを応援する」。一から料理する時間はないけれど惣菜では気が引けるという方に、サッとつくれる食材キットを提供する、まさに女性目線のサービスです。

商品開発の試食では、男性社員は「辛い、甘い」と味を気にするのに対して、女性は「つくりやすい、お弁当箱に入れやすい」など着眼点が違います。味も、女性はお子さんのことも考えて評価します。そうした視点から、通常の4倍を売り上げるヒット商品も生まれました。

もちろん商品開発には失敗もつきものですが、失敗から学び、猛スピードで改善を重ねるのがローソン流。いいアイデアは戸惑うことなく実行しますので、社内ではほかにも実験的なプロジェクトがかなり動いています。

2013年には、育休明けのママ社員が集まる『スマートウーマン推進プロジェクト』を立ち上げました。もとの職場に復帰する前に半年から1年の期間限定で、働きながら子育てをする女性の視点で、商品開発や店舗の棚の構成にアイデアを提供しています。

さまざまな経験が活かせるフィールドがある
―― 求めるのはどのような人材でしょうか。

入社後は、お客さまとの接点である店舗と関わる仕事を経験していただきます。基本的には加盟店オーナーをサポートするスーパーバイザー(SV)、または新規店舗開発を担当するリクルートフィールドカウンセラー(RFC)ですが、いずれも対人的なスキルが必要な仕事です。その意味では、営業的な職種の方は、経験が活かしやすいと思います。

SVは加盟店オーナーと信頼関係を築き、二人三脚でよりよい店をつくりあげることが求められます。そのためには、売り上げデータを分析して経営戦略を立てる論理的な力と、加盟店オーナーの心を動かす力が必要です。女性は人を動かすコミュニケーション能力に長けている人が多いと感じていますので、期待しています。

また、SVやRFCを経た先には、さまざまな分野での経験が活かせるフィールドがあります。小売業から始まった会社ですが、今では自社農場も持ち、原材料の調達も自社で手がけていますので、商品開発やIT、海外など、幅広い分野でキャリアを積み、活躍できるのです。

―― 2020年度には管理職における女性比率を30%にすることも目標にされています。

「2020年までに指導的地位に立つ女性の割合を少なくとも30%に」と政府が掲げることに沿った目標です。これに向けて、社内では管理職の女性比率が急速に高まっています。

採用でも、リーダーや管理職を目指したい女性を求めています。前述の求める経験や能力、そして上昇志向のある方は、お子さんがいる方も大歓迎。最近も3人の子どもがいらっしゃる女性を採用し、今、彼女はアシスタントSVとして活躍しています。キャリアアップして大きなフィールドで力を発揮したいと思う方には、チャンスにあふれる会社だと思います。

◆企業概要
株式会社ローソン
事業内容/コンビニエンスストア「ローソン」のフランチャイズチェーン展開、EC事業、海外事業 設立/1975年 資本金/585億664万4千円 従業員数/6,404人(2013年2月末現在、連結)

◆求める人物像
・分析力や論理的思考力のある人
・人の心を動かすコミュニケーション能力のある人
・リーダー、管理職を目指す上昇志向のある人

◆選考ステップ
STEP1:書類選考
「主に職務経歴と志望動機をもとに、募集条件に合致する方かどうかを確認します」

STEP2:一次面接
「面接担当者と1対1の形式。ローソンの理念に共感して一緒に頑張っていただける方かどうか、主に会社理解や志望動機について確認します」

STEP3:二次面接
「担当者が2人で面接する2対1の形式。これまでどういった分野でどの程度の責任を持ち、どのような成果を挙げてこられたかなどの職務経験や、入社後のキャリアの目標などについて、約1時間をかけてじっくりとお聞きします」

◆ライフイベントに関わる制度
「結婚・出産などを迎える社員を支援するために、産休・育休のほか、ローソン独自の制度を整えています」

◎働き方に関わる制度
・育児時短制度:子どもが小学校3年生時まで利用可。1日3時間までの時短勤務が可能。
・勤務日数減少:子どもが小学校3年生時まで利用可。週3~4日勤務が可能。
・在宅勤務:子どもが小学校3年生時まで利用可。週2回までの在宅勤務が可能。
・ベビーシッター利用補助

◎育児休職に関わる制度
・育児休職制度:最長3年まで取得可能。
・育休者へのノートパソコンの貸与による情報提供
・育児休職社員研修の実施など