株式会社リヴ トラストが求める人とは?

2013年09月30日

成長したい、とにかく稼ぎたいなど、自分の目標を明確に持っている人

株式会社リヴ トラスト 営業本部 本部長 杉本一也さん
株式会社リヴ トラスト
営業本部 本部長 杉本一也さん

リヴ トラストは、総合不動産企業・リヴ グループの一員。不動産開発やマンション再生事業などを幅広く展開する同グループで、オーナーズマンション分譲や資産活用コンサルティングなどを手がける 企業です。同社で営業部門のトップを務める杉本さんに、人材への期待をうかがいました。

女性がもっと活躍できる組織をつくりたい
―― 貴社の事業についてお聞かせください。
中心となるのは自社ブランドの投資用オーナーズマンションの分譲です。これは、将来の生活設計を考える方に、マンションオーナーになって家賃収 入を得るというライフプランをご提案する事業。扱う商品は投資用マンションですが、当社ではこの事業を“不動産事業”というより、“人の人生に関わる事 業”と捉えています。そもそも、マンションは人が生活する場ですよね。さらに、投資用マンションはオーナーとなる方の人生設計に関わるものでもある。その 意味で、人に興味がある、人が好きという方に向いている仕事だと思いますね。

―― 今後は、どのようなことをテーマとしてお考えですか。
女性がもっと活躍できる会社にしていきたいと考えています。不動産業界は、かつては男性社会でした。投資用マンションの事業でも、商品がまだそ れほど知られていなかったころは、お客さまも身構える方が多く、「高額商品を買うなら男性から」という風潮が根強かったように思います。しかし、認知が高 まってきた最近では、お客さまにも身近な投資対象として関心を持っていただけることが増えてきました。
そうした中で、女性のコミュニケー ション力やお客さまと信頼関係を築く力が、改めて見直されつつあるんです。社員の女性比率も年々高まり、今では男性社員よりも女性のほうが元気かもしれま せん(笑)。その女性の能力をもっと活かせる組織をつくっていきたい。これが、今一番のテーマです。

実力主義とファミリー主義が同居する組織
―― 貴社で営業として伸びる人には、どのような共通点があるのでしょうか。
営業の仕事は、お客さまに電話をかけてアポイントを取り、お会いして商品をご提案すること。こう言ってしまえば単純なことのように思えますが、 電話のかけ方一つとっても工夫していけば奥が深く、商談の進め方も突き詰めるときりがない。簡単に流そうと思えばできることを、自分なりに考えて追求して いける人は成長が速く、業績も優秀な人が多いですね。

―― 他業界からの転職者が多く活躍されているそうですが、未経験者の力を引き出すためにどのようなことを大切にされていますか。
まず徹底しているのは、すべてにおいて実力主義を貫くということです。昇進昇格は年4回。年齢や経験、性別にかかわらず、業績が認められれば昇 格し、給与や仕事の責任もそれに応じてアップします。逆に業績が悪ければすぐ降格になりますが、再び昇格して返り咲く人も多い。3カ月に1回、すべての人 に等しくチャンスが与えられるということです。
そして、実力主義と矛盾するようですが、ファミリー的な社風も大切にしていることの一つで す。互いに足を引っ張り合って業績を競う、できる人だけが残ればいいといった風土では、人は育ちません。誰にでも可能性はあるし、成長には個人差があると いうのが当社の考え。なかなか芽が出ない人が、何かのきっかけですっと伸びることが実際によくあります。それをみんなで見守っていける会社でありたいと、 僕は思うんです。
実力主義とファミリー的な社風、この2つを保つことの難しさを日々感じていますが、両立させていきたいと考えています。

◆企業概要
株式会社リヴ トラスト
事業内容/投資用オーナーズマンションの分譲事業、資産運用・相続・税金対策のコンサルティング事業、ライフプランニング事業 設立/2007年 資本金/1000万円 従業員数/80名

◆求める人物像
「自分のモチベーションを高く保ち続けられる人として、以下のような人材を歓迎しています」
・目標や課題のプレッシャーが大きいほど燃える人
・多くの人と接するのが好きな人
・活動的でフットワークの軽い人
・自律的に考え進められる人
・仲間と協調し、協力しあえる人
・新しいアイデアを生み出す人

◆選考ステップ
STEP1:書類選考
「選考は人物重視で行っており、書類選考は参考程度。履歴書を使い回しているといったマナー違反がない限りは、基本的にすべての方に面接に進んでいただきます」

STEP2:面接(1回)
「面接 で見るのは、その方の“人間力”です。営業は人を相手にする仕事ですので、理屈通りに進まないことも多くあります。そうしたときに、臨機応変に、ときには 我慢強く、泥臭い努力ができるかどうかを、いろいろな話をざっくばらんに聞きながら確認します。疑問や不安にもすべてお答えしていますので、何でも質問し ていただければと思います」

◆キャリアステップ
「一般社員から部長まで7ステップ。3カ月ごとに昇格・降格を行います。年齢や経験、性別に関係なく、業績に応じて判断する完全実力主義です」

(役職ランク)
一般社員 → 主任 → 係長 → 課長代理 → 課長 → 次長 → 部長代理 → 部長 → 本部長